就職エージェント比較サイト

更新:2018/07/02

コロナ禍で「優良企業」をどう探す?夏以降の採用動向/持ち駒の増やし方

「2020年も売り手市場は継続される」

「東京五輪・パラリンピックを控えており、企業の選考は春先に集中する」

 

これは、就活支援サービス各社の見立てでした。しかし、この見通しは新型コロナウィルスの流行により大きくハズレます。

東京五輪・パラリンピックは2021年夏に延期。就職支援会社は対面形式のイベント自粛(または中止)を発表。

このほか、企業においても採用数の縮小・中止の動きがあり、「売り手市場」と言われていた採用動向は不透明になったと言わざるを得ません。

 

しかし、就活スケジュールは現行のままです。

政府や経団連は企業に対し「柔軟性のある採用活動」を求めていますが、「4月入社」のルールは維持されます。

だからこそ、学生さんは就職活動を進められると思いますが、採用数の縮小や中止が頻繁に聞かれる今、「本当に就職できるのか...」と相談に訪れる学生さんは少なくありません。

 

本記事では、21年卒・22年卒の学生さんに向けて「求人の探し方・選考対策」をまとめていきます。

 

 

採用動向と夏以降の対策

新型コロナウィルス流行以前は「人手不足」がテレビや新聞で取り上げられ、その解消が各業界・企業の課題となっていました。

いわゆる、”コロナ禍”を受け、企業は対面形式の説明会・面接を中止せざるを得なくなりましたが、採用意欲そのものは高い傾向が継続しています。

対面形式のイベント開催が難しくなって以降、企業の多くはオンライン上で説明会、面接を開催。

感染者減少とともに対面形式のイベントも増えてくると思われますが、新型コロナウィルスが完全に収束する見通しは立っていません。

このため、21年卒・22年卒ともにWEBでの選考が主流になるとみられます。

 

1.21年卒

就職情報会社ディスコが実施した調査によると、「採用を縮小(または活動中止)」としたのは約3割に留まる。

企業の7割が「当初の計画通り」と回答。

【出典:『2021年卒 採用活動の感触等に関する緊急企業調査(2020年6月発行)』

 

 

企業の多くは、採用計画を変えないが課題として「応募者数の確保」を挙げています。

 

 

採用活動の見通しについては、「4割が春夏採用を実施する」と回答。

秋採用についても、3割が実施する意向であり、企業の多くが採用活動を長期的なスパンで捉えているとみられます。

 

 

これらの調査結果から、2020年は内定式後も採用活動を続ける企業が増加。

採用活動の終了時期が例年よりも遅くなると予想されます。

しかしながら、「人手不足」という課題は解消されていません。

コロナ禍とは言え、企業の採用意欲は高い状態が続いており、ゆとりを持ちすぎると乗り遅れてしまう可能性があります。

このため、2020年夏時点で内定のない学生さんには自己分析で企業選びの決め手を見直しつつ、秋採用も視野に入れるのが良い」とお伝えしています。

 

2.22年卒

上述のとおり、22年卒の就職活動(インターンシップ)においても「WEB選考」が主流となりますが、これはコロナ禍で広まった考え方です。

ディスコの調査に対し「実施する」とした企業の割合は7%。これは企業側の準備ができていないことの表れでしょう。

 

 

しかし、新型コロナウィルスの影響を受けず学生さん接点を持つ方法は、企業にとって「WEB」しかありません。

今後は、WEBインターンシップの実施率が高まると予想されます。

まずは、学生さんは自己分析で企業選びの決め手を明確にし、インターンシップに備えてください。

 

求人の探し方

大手・中小さまざまな企業を見て持ち駒を増やしたほうが内定を獲得しやすくなります。

とは言え、中小企業はインターネット上にも明確な情報がなく、エントリーをちゅうちょしてしまうもの。

それゆえ、持ち駒づくりに苦戦する学生さんは少なくありません。

セミナーでは、持ち駒を増やすために以下の方法をお伝えしています。

 

1.21年卒

度重なる選考を突破し就職するのですから、学生さんの多くは長く勤めたいと考えているでしょう。

だからこそ、「安定性」や「会社の雰囲気」を重視されるかと思われます。

ですが、上述のとおり中小企業は大企業ほど、ホームページなどが充実していません。

だからこそ、安定していない...と考えるのでしょう。

セミナーでは安定した企業を見つけるためには「『最初に志望していた企業の取引先に注目する』」のが有効です

 

(1)シェア率の高さに着目する

 

たとえば、最初に自動車メーカーのメカニックを希望していた学生さんは、部品メーカーを見るのが良いでしょう。

いわゆる”下請け企業”です。

 

「下請け=安定しない」と思われがちですが、下請け企業には自動車各メーカーから部品の受注を受けている企業もたくさんあります。

エンジンならば「△△社」、エアコンならば「□□社」といったイメージです。

メーカーを問わず、特定のパーツ製造を請け負う会社は、業界内でのシェア率が高くなり、安定が見込めます。

 

持ち駒を作るとき、企業名を重視されるかと思われますが「業界内でのシェア率」を基準に考えると、安定企業を見つけやすくなります。

 

(2)説明会で質問する

インターネットや就活の参考書を駆使しても、それだけで社風を完全に見極めるのは困難です。

気になる企業を見つけたら説明会に参加し、採用担当者と話してみましょう。

 

ただし、その際は「雰囲気」ということばを使わないようにしてください。

学生さんが気になるのは会社の雰囲気かと思われますが、説明会で自社を悪く言う採用担当者はいません。

そのため、単に「御社の雰囲気どうですか?」と聞いても、『良いです』『アットホームです』といった差し障りのない回答しか聞けないケースがほとんどです。

 

そのような事態を防ぐため、学生さんには「対象を絞ると良い」とお伝えしています。

具体的には以下のような聞き方が有効です。

 

【質問例】

  • ◯◯部(志望部署)はおいくつくらいの方が多いのでしょうか?
  • ◯◯部(志望部署)ではお昼休み、何をして過ごす方が多いでしょうか?
  • 部署内での飲み会で、交流などできたりするのでしょうか?

 

「◯◯部」と志望部署を指定すると、採用担当者が答えやすくなります。

その上で「雰囲気」ではなく「お昼休み」「飲み会」と場面を絞って聞くと、より明確な回答が得られます。

この方法で聞いてみて、部署の様子をイメージできない場合は、さらに限定して聞けば採用担当者は答えてくれるでしょう。

会社説明会の質問については『会社説明会の質問例11選。質問の仕方、説明会のマナー』にて詳しく紹介していますのでご一読ください。

 

(3)紹介会社(就職エージェント)を使う

紹介会社とは、「企業から依頼を受け、学生さんに求人紹介・選考対策を行うサービス」です。

企業と学生さんの間に、各紹介会社の社員(アドバイザー)が入り、ナビサイト載っていない非公開求人を紹介。

このほか、アドバイザーがエントリーシート(ES)添削や選考対策を実施しますので、学生さんには「持ち駒を作りやすい」とのメリットがあります。

紹介求人の特徴、紹介会社(就職エージェント)の選び方については、以下の記事にまとめていますので参考にしてみてください。

 

 

2.22年卒

インターンシップとは言え「安定したところに行きたい」と考え、大手に目を向けるかもしれません。

もちろん、そのような考え方は間違いではないのですが、大手は受け入れ人数が多いため、仕事の内容や進め方を詳しく説明されないケースがあります。

このため、企業名と規模よりも「自分はどんな環境で働きたいのか」を重視してインターンシップ先を選んだほうが、多くの情報を得られます。

インターンシップ求人の探し方、選考対策については以下にまとめていますのでご一読ください。

 

 

選考対策と難易度

21年卒・22年卒ともに選考は、「書類選考」「筆記試験」「面接」が中心になります。

 

1.選考対策

選考の内容は新型コロナウィルス流行以前と同じですので、対策もセミナー等で見聞きしている方法で構いません。

ただし、上述の通り手法は対面ではなくWEBが主流になるとみられます。

 

その中で内定を得るには、従来の対策に加えて「印象がよく見えるように明るい場所で選考を受ける」、

「声が伝わりやすいようにマイクとイヤホンを準備する」といったWEBならではの配慮が重要です。

以下、選考段階ごとに対策方法をまとめていますのでご一読ください。

 

 

2.難易度

コロナ禍で選考が遅れているとは言え選考の難易度を下げてしまったら、志望度の低い学生さんが入社する可能性があります。

全業界で人手不足傾向にある今、学生さんの入社は嬉しい出来事ですが志望度の低い学生さんはおそらく早い段階で辞めてしまうでしょう。

 

コロナ禍において就職活動(採用活動)をやり直すのは学生さんにとっても、企業にとっても不幸でしかありません。

そのような事態を防ぐため、選考の難易度は下がらないと考えられます。

 

さらに、2020年は経団連が企業に対し就活ルールにとらわれない「柔軟な採用活動」を求めています。

4月入社は維持されるものの、これにより企業の多くは採用活動の終了時期を例年よりも遅らせる可能性があります。

スケジュールに余裕をもてるため、企業は難易度を下げる必要はありません。

この点からも難易度は下がらないと言えます。しっかり対策をして選考に臨みましょう。

 

まとめ

新型コロナウィルスが収束する見通しは立っておらず当面は「コロナ禍」が続くと予想されますが、その中でも企業の採用意欲は高い状態が続いています。

学生さんが集まりやすい大手企業は、募集を早く締め切りがちです。

このため、企業規模だけに目を向けていると持ち駒を増やせなくなってしまいます。

 

記事中にも書きましたが、事業規模と安定性の有無は「業界内でのシェア率」で推察可能です。

持ち駒の作り方を迷ったときには、自己分析でご自身の企業選びの条件を考え、記事中の方法を参考にシェア率の高い企業を探してみてください。

「◯◯業界の動向を知りたい」「△△業界の求人を見たい」など、気になることがありましたら、アドバイザー紹介ページよりいつでもご相談いただければと思います。

アドバイザーから学生さんへ

ココリクでは、アドバイザーがマンツーマンでESの書き方や面接のポイントをこっそり解説させて頂きます。

就活で不安なこと、わからないことがございましたら、アドバイザー紹介ページより、気になるアドバイザーを選んでご相談ください(*^^*)

「内定」目指していっしょに頑張りましょう~!*。٩(ˊᗜˋ*)و*。

月間相談数ランキング

B413a13e fa98 437a 95db 67e73eb8359d
1位: 前田 亜希子
運営会社: (株)ネオキャリア【就職エージェント】
401aaa05 4b32 490c 8431 0d5ca210a428
2位: 平原 和人
運営会社: (株)ネオキャリア【就職エージェント】
8796e90f e99e 4d0b 826c bc14c216197d
3位: ココリク 運営事務局
運営会社: cocoriku.jp運営
8796e90f e99e 4d0b 826c bc14c216197d
4位: ココリク 運営事務局
運営会社: cocoriku.jp運営
8796e90f e99e 4d0b 826c bc14c216197d
5位: ココリク 運営事務局
運営会社: cocoriku.jp運営

※本ランキングは前月1ヶ月間の集計をもとに掲出しております。

月間閲覧数ランキング

B413a13e fa98 437a 95db 67e73eb8359d
1位: 前田 亜希子
運営会社: (株)ネオキャリア【就職エージェント】
401aaa05 4b32 490c 8431 0d5ca210a428
2位: 平原 和人
運営会社: (株)ネオキャリア【就職エージェント】
8796e90f e99e 4d0b 826c bc14c216197d
3位: ココリク 運営事務局
運営会社: cocoriku.jp運営
8796e90f e99e 4d0b 826c bc14c216197d
4位: ココリク 運営事務局
運営会社: cocoriku.jp運営
8796e90f e99e 4d0b 826c bc14c216197d
5位: ココリク 運営事務局
運営会社: cocoriku.jp運営

※本ランキングは前月1ヶ月間の集計をもとに掲出しております。