就職エージェント比較サイト

更新:2019/05/27

就職エージェントごとの違い、おすすめの使い方。紹介求人の特徴

「猫の手も借りたい」「わらにもすがる思い」

 

これらは、人に助けを求めるときに使うことわざ。

猫の手も借りたいとは「忙しすぎて手がまわらないので、誰でも良いから手伝って欲しい」心情を表したことわざ。

わらにもすがる思いとは「困ったときは、わらにすがってでも状況を打開したい」心情を表したことわざ。

 

就職活動を始めると、追い詰められる瞬間がしばしばおとずれる。

たとえば、就職活動の本番に際し、参考書のほとんどが学生さんに自己分析を促す。

これは、「1度、自分の経験を振り返った方が、興味のある業界を見つけやすくなる」との考え方からだ。

 

しかし、文字で「過去を振り返る」と書くのは簡単だが、そこから興味のある業界を見つけ出すのは容易ではない。

そして、就活中もっとも悩むのが自己分析をしたにもかかわらず、第一志望に落とされてしまったとき。

自分は「この業界・企業に入りたい」と考え、進めてきた準備を「不採用通知」で否定されてしまうのだから、悩むのは自然だろう。

 

そんな学生さんをサポートするサービスもないわけではない。その筆頭が「就職エージェント(紹介会社)」である。

就職エージェントとは、企業から依頼を受け、学生さんに求人紹介・選考対策を行うサービス。

求人を探す必要がなくなるので、学生さんにとっては就活がスムーズになるメリットがある。

 

だが、残念なことに評判はあまり良くない。インターネットで「就職エージェント」と検索すると、「しつこい」「中小企業しか紹介しない」といった悪評が並んでしまっている。

どんなに追い詰められていても、今後の人生を左右する「就職先を選ぶ」場面だからこそ、そこに悪評があれば利用をちゅうちょするでしょう。

また、ココリクは「就職エージェント比較サービス」ですが、エージェント自体に良い印象がなければ「使ってみよう」とは考えないと思います。

 

そこで、本記事では「エージェントサービスの実情」を紹介。紹介求人の特徴やインターネット上の投稿の真偽についても率直に書いていきますので、エージェントを利用する際の参考にしてみてください。

 

 

エージェントの集客事情

冒頭にも書きましたが、インターネットで「就職エージェント」と検索すると、「しつこい」「うざい」などの悪評がたくさん出てきます。

まずは、エージェント(紹介会社)の集客事情についてお話しさせてください。

 

セミナーで既に見聞きされているかもしれませんが、新卒の場合、経団連が就職活動の日程を定めています。

いわゆる「就活ルール」です(20年卒は、「3月1日説明会解禁、6月1日選考解禁」)。

しかし、これは経団連が企業と学生さんに就職活動の目安を示したもの。つまり、エージェントに就活ルールを遵守する義務はありません。

このため、エージェントはいつでも集客可能です。

 

厳密に言えば、企業と学生さんに向けてサービスを展開する以上、経団連の定める日程がエージェントにとっても目安になるのは事実です。

ですが、上述のとおりエージェントは就活ルールの範囲外ですので、年間を通じて、WEBで自社サービスへの登録・利用を呼びかけています。

 

1.集客の方法

集客方法は、WEBが中心です。

自社サービスに登録した学生さんに電話やメールで個別面談(来社)を促します。

エージェントは、個人情報保護などの観点から、対面による集客(合説会場の周辺で声をかける など)を原則行いません。

もし、説明会会場の周辺で声をかけている業者がいれば、それは悪徳就活塾の可能性がありますので、何も答えずに逃げてくださいね。

 

エージェントは、学生さんから利用登録があった後、コンタクトを取ります。

もしも、知らない電話番号から着信があった場合、1度インターネットで調べてからかけ直す、などの対策をすると良いでしょう。

 

2.集客が活発になる時期

結論から言うと、集客が活発になるのは3月と6月以降です。

エージェントは、説明会月である3月にセミナーを積極開催。

学生さんにとってスタートの時期は、エージェントはにとってもスタートの時期になりますので、3月は電話やメールで学生さんに来社を促します。

 

また、6月以降も学生さんへの連絡が多くなります。

記事の冒頭にも書きましたが、エージェントは企業から依頼を受け、学生さんに求人紹介・選考対策を行うサービスです。

このため、大手企業の採用活動が一段落した6月以降、必要な人材を採用できなかった企業からの依頼が増加。

このような事情から、エージェントは6月以降、学生さんへの呼びかけを強めます。

 

3.エージェントが学生さんに何度も連絡する理由

学生さんの中には、エージェントを困ったときの保険と考えている方もいらっしゃると思います。

そう考えていれば、登録したもののエージェントを使わずに就職活動を終える場合もあるでしょう。

 

しかし、退会の連絡がなければ、エージェントは学生さんへの連絡を続けます。

また、詳しくは後述しますが、エージェント側の手違いで就職活動を学生さんに連絡してしまうケースもゼロではありません。

このような連絡の行き違いが積み重なり、学生さんは「エージェント=しつこい...」と感じてしまうのだと思います。

もし、エージェントから連絡が来た時点で就職活動が終わっていたら、その旨を伝え、アカウントを残している場合は退会手続きをとってくださいね。

 

エージェントのサービス内容とネット上の悪評

就職エージェント(紹介会社)は1~2社ではありません。

だからこそ、自分に合いそうな紹介会社を見つけるために、学生さんは口コミサイトなどから各社のサービス内容を見極めるのだと思います。

 

結論から言うと、サービス内容に会社ごとの差はありません。

厳密に言えば、「求人紹介」→「求人検索」など名称が異なっている場合がありますが、サービスの内容に大きな差はありません。

どのエージェントでも、同等の就活支援を実施しています。

 

とは言え、冒頭にも書きましたが、情報源となるインターネットに悪評を見れば「使おう」とは思わないでしょう。

以下、エージェントのサービスの内容について説明させてください。

 

1.紹介求人の傾向

インターネットでエージェントについて調べると、「エージェントは、中小企業の求人しか紹介しない」「有名企業の求人はほとんどない」といった口コミが目立ちます。

実際のところ、エージェントに知名度の低い企業の求人が多いのは事実です。

しかし、これはエージェントが中小企業の求人ばかりを取り扱っているからではありません。

エージェントに知名度の低い求人が多いのは、就職活動を始めた当初、学生さんの多くが「名前を聞いたことがある企業なら安心」と考え、大手企業に集中するからです。

ですので、エージェントには中小企業の求人が多くなる傾向があります。

 

(1)知名度≠企業規模

ただ、知名度が低い=安定性がないと決めつけるのは早すぎます。

たとえば、エージェントには大手通信事業会社(携帯電話)の関連会社や、電力会社の下請け企業から採用依頼(求人)が届きます。

携帯電話も電気も、私たちの生活にとって必要不可欠なインフラです。

競合との競争があるため、シェア率に少し差はありますが、それで両社ともに10年以上安定した経営を続けています。

 

新卒の企業選びは、今後の人生を左右するターニングポイントと言っても過言ではありません。

だからこそ、学生さんは知名度の低い企業を避け「大手」を選ぶのだと思います。

 

ですが、上述のとおり、知名度が低くても経営基盤が安定している会社も少なくありません。

知名度と企業規模は必ずしも一致しないのです。

余談ですが、エージェントが実施する就活セミナーでは、上述のような”誤解による持ち駒の減少”を防ぐために、『大手・中小を幅広く見て』といったアナウンスが行われます。

 

2.アドバイザーの対応

また、「個別面談でアドバイザーから辛辣な対応をされた」「希望と違う求人を紹介された」といった口コミも少なくありません。

率直に言うと、これには以下のような理由があります。

 

(1)面接対策

選考では、企業の採用担当者とのコミュニケーションが必須です。

アドバイザーは、修正すべきところがあったらその場で指導するために、面談中、学生さんの話し方や立ち振舞をチェックしています。

本番を見据えるからこそ、初対面から厳しく接する場合があります。

 

(2)その時点で紹介できる求人がない

エージェントには、企業から採用依頼(求人)が届きます。

アドバイザーは、その中から学生さんと企業の希望に沿うものを紹介するけど、タイミングによってはそれが難しい場合があります。

(例:「合いそう」と思った求人を、別のアドバイザーが、別の学生さんに紹介していた など)

 

紹介できる求人がなくなってしまった場合、アドバイザーは学生さんに断りをいれます。

学生さんは、来社したにもかかわらず求人を見られないので、良い気分ではないと思いますが、ほんの少しの差でこのような事態が起こってしまいます。

 

サービス登録時や来社前に、就活の状況や方向性を可能な限り具体的に示していただけると、アドバイザーも求人を準備しやすくなります。

 

(3)アドバイザーが、希望と異なる求人を紹介する理由

アドバイザーの役割は、企業選びの選択肢を増やすこと。

そのために、学生さんと話しをするわけですが、話しをしていて『この求人も合いそう』と感じたら、希望に沿っていなくとも紹介する場合があります。

(例:仕事で求められる能力が、学生さんの志望職種と似ている など)

 

しかし、これはあくまでも「紹介」です。

アドバイザーは自信をもって紹介するので、少し強く推すかもしれませんが、ご自身の中で「違う」と感じたら拒否していただいて構いません。

 

3.個別面談から内定獲得までの期間

各エージェントのホームページには、必ずと言って良いほど「2週間以内で内定獲得」などのキャッチコピーがあります。

就職先を決めるときに悩まない人はいないにもかかわらず、エージェントがこのようなキャッチコピーで集客をしているから、不信感がわいてしまうのでしょう。

 

先ほども少し書きましたが、エージェントは企業から採用依頼を受けるとき、欲しい人材の特徴を伺います。

依頼(求人)を預かるだけでなく、企業の希望を伺い、そこに合致する学生さんに求人を紹介するため、2週間程度での内定獲得も可能です。

単に、学生さんの目を引くためだけにキャッチコピーを出しているわけではありません。

ただし、求人紹介のタイミングや、就職活動の方向性を変えた場合は2週間~3ヵ月程度かかります。

 

各エージェントの違い

上述のとおり、エージェントのサービス内容に大きな違いはありません。

しかし、たとえ「保険」であっても、就職活動を託す以上「自分に合うサービスを見つけたい」と考えるもの。

最後に、エージェントの違い・選び方をまとめていきます。

 

1.違いはアドバイザーの経歴

口コミサイトでは、あまり明らかにされていませんが、アドバイザー個々に得意業界が異なります。

もちろん、商社・サービス業・不動産などあらゆる業界に対応可能ですが、長年、商社にいた人ならば商社に詳しく。

食品業界に長く在職していた人は、そこに詳しくなります。

 

このため、ご自身が志望する業界の情報をたくさん持っているアドバイザーと話した方が、内定を獲得しやすくなります。

まずは、アドバイザーの人柄や経歴、得意業界を見極めるために、複数のエージェント・アドバイザーと話してみてください。

サービス登録時に「複数のアドバイザーと話してみたい」と希望をお話しいただけると、スムーズなご案内が可能です。

 

余談ですが、ココリク(当サイト)では、「居住地が近い」「得意業界がある」といった条件でアドバイザーを比較・相談が可能です。

 

アドバイザー紹介ページ

 

学生さんと歳が近いアドバイザーもたくさん在籍しています。

まずは、志望業界や対応可能エリアなどを軸に、話しやすそうなアドバイザーを選んでみてくださいね。

 

2.アドバイザーの対応が辛辣だったときの対処法

アドバイザーと話しをする中で「別のアドバイザーと話したい...」「もっと別の求人をみたい」と感じることがあるかもしれません。

そのようなときには、素直に希望をお伝えいただければと思います。

ここで遠慮してしまうと、納得した内定承諾が難しくなってしまうので、絶対に遠慮なさらないでくださいね。

 

また、複数のエージェントを併用した場合、各エージェントからそれぞれ電話やメールが来る可能性があります。

利用するエージェントが決まったら、他のエージェントには断りの連絡をいれましょう。

 

しかし、それでもエージェント側が多くの学生さんにアプローチをしている分、手違いで電話やメールをしてしまうケースも。

その際は、利用しない旨を改めてお伝えいただければと思います。

エージェントの集客が活発になる6月以降、アドバイザーは強く呼びかけるかもしれませんが、利用しない場合はハッキリ断っていただいて構いません。

(メールなどは、受信拒否していただいて構いません)

 

まとめ

マイナビ・リクナビでは2万件の求人が見られる一方、エージェントには非公開求人が見られる、選考対策を受けられるなどのメリットがあります。

そのため、双方のサービスを併用した方が、持ち駒が減りにくくなります。

 

記事中にも書きましたが、エージェントの役割は学生さんの選択肢を増やすこと。

そのために、強く来社を呼びかけたり、少し希望と異なる求人を紹介したりします。

しかし、アドバイザーの仕事はあくまでも提案です。

もし、アドバイザーの提案や対応に不信感を覚えたら、拒否していただいて構いません。

 

まずは、新しい持ち駒を増やすつもりでアドバイザーと話していただければと思います。

エージェントの使い方については、『就職エージェントの上手な使い方。紹介会社ごとの違い、アドバイザーの選び方』にてまとめていますので参考にしてみてください。

アドバイザーから学生さんへ

ココリクでは、アドバイザーがマンツーマンでESの書き方や面接のポイントをこっそり解説させて頂きます。

就活で不安なこと、わからないことがございましたら、アドバイザー紹介ページより、気になるアドバイザーを選んでご相談ください(*^^*)

「内定」目指していっしょに頑張りましょう~!*。٩(ˊᗜˋ*)و*。

月間相談数ランキング

A1c0608e a094 4637 a86b eb81ab8e290f
1位: 佐々木 愛美
運営会社: (株)ネオキャリア【就職エージェント】
B413a13e fa98 437a 95db 67e73eb8359d
2位: 前田 亜希子
運営会社: (株)ネオキャリア【就職エージェント】
Cafa0a21 671f 4f9e 8ac7 82aa2ab67336
3位: 五十嵐 藍
運営会社: キララサポート【株式会社モード・プランニング・ジャパン】
4b4449a2 cd81 4797 b14d 6cdd7d4fc9f9
4位: 川崎 大
運営会社: キララサポート【株式会社モード・プランニング・ジャパン】
79f48e33 1c33 4246 b979 d6f288ee433b
5位: 山口 友梨
運営会社: (株)ネオキャリア【就職エージェント】

※本ランキングは前月1ヶ月間の集計をもとに掲出しております。

月間閲覧数ランキング

71b5a964 fd0d 46a2 be58 499f6a1b6a07
1位: 佐々木 愛美
運営会社: 株式会社ネオキャリア(就職エージェント)
B413a13e fa98 437a 95db 67e73eb8359d
2位: 前田 亜希子
運営会社: (株)ネオキャリア【就職エージェント】
4b4449a2 cd81 4797 b14d 6cdd7d4fc9f9
3位: 川崎 大
運営会社: キララサポート【株式会社モード・プランニング・ジャパン】
79f48e33 1c33 4246 b979 d6f288ee433b
4位: 山口 友梨
運営会社: (株)ネオキャリア【就職エージェント】
Cafa0a21 671f 4f9e 8ac7 82aa2ab67336
5位: 五十嵐 藍
運営会社: キララサポート【株式会社モード・プランニング・ジャパン】

※本ランキングは前月1ヶ月間の集計をもとに掲出しております。