就職エージェント比較サイト

更新:2020/01/17

【インターン・本選考のES】重複はダメ?!書き分けの回答例

「私の幼少期、父が貴社の営業マンから自動車を購入したのですが、そのとき担当していただいた方の仕事を見て以来、営業職に憧れ、この度インターンシップに応募いたしました」

「小学生のとき、自宅に来た貴社の営業マンの仕事を見たことがきっかけで、『私も営業職に携わりたい』と考え、貴社を志望いたしました」

 

選考を突破するためには「文章の差別化」が重要になります。

なぜなら、私たちは同じような文章が続くと、無意識のうちに「パクリ」「手を抜いた」と感じてしまうから。

上記は、営業職の志望理由を説明した文章です。

書き出しは異なっていますが、「自宅に来た」「営業マン」などの単語が重複しているために、それぞれを読み比べてみると、どことなく同じ文章にみえてしまうと思います。

 

意図的でなかったとしても同じような文章が続けば、採用担当者は『この学生の志望度は低い』と評価せざるを得ません。

志望度の高さを伝えるためには、インターンシップと選考本番で、回答を書き分ける必要があります。

しかし、何らかの理由があってその業界・企業を志望したにもかかわらず、それを書き分けるのは難しいもの。

実際のところ、インターンシップの募集開始時や会社説明会の直後、エントリーシート(ES)の書き分け、エピソード選びに悩み、相談に訪れる学生さんは少なくありません。

 

本記事では、そのような学生さんに向けて「エントリーシート(ES)の書き分け方」をまとめていきます。

 

 

インターンシップ用と本番用の違い

一言一句同じでなくとも、文章の内容がインターンシップ用と選考本番用で重複していれば、採用担当者は『志望度が低い』と評価します。

上述のとおり、書き分けすべきですが、単に使う単語や文章の言い回しを変えるだけでは不十分です。

そこで、セミナーなどで相談をいただいたとき、学生さんには「それぞれの違いを考えると、内容が明確になる」とお伝えしています。

以下に、それぞれの違いをまとめましたので、ご一読ください。

 

1.設問

セミナーに来ていただいた学生さんにはお伝えしていますが、結論から言うと設問に大きな違いはありません。

インターンシップ用、選考本番用ともに設問は、以下の4系統で構成されています。

 

【設問例】

  1. 「業界・志望企業への理解度」に関する質問
    • 弊社の経営理念についてどう思うか?
    • 弊社が◯◯業界でトップになるためには、今後何をすべきか
    • 弊社の経営理念「△△△△」についてどう思うか
    • 今後、3年以内に各事業の売り上げを10%ずつ上げるためには、具体的に何をすべきか
  2. 「志望度」に関する質問
    • 志望動機を答えよ
    • 大学での専門分野について答えよ
    • 卒業論文のテーマ/その進捗状況を答えよ
    • 他社の選考状況を答えよ
  3. 「性格(対応力・チャレンジ精神・分析力)」を推察する質問
    • 学生時代、がんばったことを示せ
    • 今までの生活の中で経験した失敗談を挙げよ
    • 今までの生活の中で経験した成功体験について答えよ
    • 3年後のキャリアプラン/弊社で取り組みたい業務についてまとめよ
    • 自己PRせよ
  4. 「論理的思考力」を推察する質問
    • 好きな色を1つ挙げ、その理由を答えよ
    • 発明家・エジソンが現世に生きていたら、現代はどうなっていたか答えよ

 

2.違いは、就職活動における位置づけ

インターンシップ用と選考本番用で、設問に大きな違いがないからこそ学生さんは書き分けに悩まれるかと思いますが、両者の大きな違いは「位置づけ」です。

 

(1)インターンシップ

本来、インターンシップは「学生さんにとって職業選択の機会」であるべきですが、人手不足の影響で就活ルールで定められた期日よりも前に選考を始める企業が増加。

このため、近年はインターンシップは「企業が即戦力を見つけるための場」へと変化しつつあります。

とは言え、学生さんの多くはアルバイト以外の就労経験がなく、業務に必要な知識を完璧に習得している人はいません。

 

即戦力として活躍するためには、専門知識や業務を覚えようとするチャレンジ精神や、そのための行動力が不可欠です。

実務能力を図れない分、採用担当者はインターンシップの選考で「性格に関する質問の回答」をみて、学生さんの適正を推察します。

 

(2)選考本番

一方、本番の選考はインターンシップ後(早いところでは3月ごろから)始まります。

選考の早期化に合わせ、各企業がインターンシップを積極的に開催しているほか、大学などによる就活支援セミナーも前倒しされる傾向にあるため、採用担当者は、『学生さんが複数の企業を受けている』と仮定し、選考を実施。

それゆえ、本番の選考で採用担当者は『志望動機』や『業務内容への理解度』から適正を推察。

 

選考が早期化している昨今、企業は採用活動をスムーズ進める必要があるため、選考本番はインターンシップに比べ、実務能力が重視される傾向にあります。

同じ「適正」でも、インターンシップは性格重視。選考の本番は、能力重視と考えていただいて構いません。

 

設問と書き分けの例文

しかし、単に「私は性格的に営業職に向いています」「◯◯が得意なので、営業職として貢献できます」のは逆効果。

なぜなら、「インターンシップ」「選考本番用」、それぞれの評価点を活かすような文章を作ったところで、内容が似ていれば、採用担当者に『手を抜いた』と判断されてしまうからです。

2つのエントリーシート(ES)をうまく書き分けるためには、それぞれの位置づけを意識しつつ、その企業でなければならない理由を盛り込む必要があります。

以下、設問ごとに例文を交えて書き分けのポイントを紹介していきますので、エントリーシート(ES)を書くときの参考にしてみてください。

 

1.志望動機

まずは、必須の設問と言っても過言ではない「志望動機」です。

 

(1)インターンシップ用

私は、以下の2つの貴社のインターンシップに応募いたしました。

 

1.貴社の営業マンに憧れた

自動車は、非常に高額なものです。

私が8歳のときに、父が貴社の営業マンから自動車を購入しているのですが、当時の私は「営業マン=高いものを売りつける人」と思っていたので、そこまで良い印象を持っていませんでした。

父が商談を始めた当初は、正直「早く帰って欲しい」と思っていたのですが、商談を見ていると、営業の方は単に高い車を紹介するだけでなく、予算や必要な機能を尋ねてから車種を提示していました。

当時「営業」という仕事を完璧に理解出来ていたわけではありませんが、担当の方の丁寧な仕事ぶりを見て、子供ながらに「自分も将来はこの仕事がしたい」と考えました。

 

2.営業戦略を学び、成果を挙げて「即戦力」に近づきたい

貴社は、移り変わりの激しい自動車業界において、高いシェアを保っています。

中でも貴社の主力製品「△△△△」は軽自動車部門で、5年連続シェア率1位を獲得。

 

また、20☓☓年に発売された「□□□□」はコンパクトカー市場で、圧倒的なシェアがあります。

私は、父の影響で誰にも負けないと自負できるほど、「自動車の情報」に詳しくなりました。

しかしながら、私には「営業としてのノウハウはなく、正直なところ即戦力にはほど遠いと思っております。

今回のインターンシップを通じ、実務面を学ばせていただき、期間中に、目に見える成果を上げる所存です。

 

以上の2点を踏まえまして、貴社を志望いたします。

 

インターンシップ前の段階では、実務を体験していないため、回答の内容は「幼少期~学生時代のエピソード」が中心になります。

ですが、単に「貴社が好き」と書くだけでは、『他社と同じものを使いまわしている』と判断されがちです。

そこで、インターンシップ中に学びたい内容に言及し、「営業戦略を学んだ上で、目に見える成果を挙げたい」と展開。

厳密には、このような言い回しも他社に応用できますが、先に「自動車の知識」について触れるため、会社について相当勉強していると感じられると思います。

 

「好きな気持ち」と「学びたいこと」をそれぞれ挙げ、その企業でなければならない理由を説明しています。

 

(2)選考本番用

私が貴社を志望する理由は2つあります。

 

1.自動車を100年後にも残したい

昨年9月~10月にかけて貴社のインターンシップに参加させていただきました。

その際、営業部の◯◯様より「弊社は高いシェアを維持しているが、車離れの影響もあり、販売台数は減っている」とのお話しを伺いました。

しかし、車は移動をスムーズしたり、家族の思い出を作ってくれたり、私たちの生活を豊かにしてくれるものだと思います。

自動車が100後にもインフラの中心となるよう、お客様の要望を伺いながら「最適な1台」を提案したいと考えております。

 

2.評価方法に魅力を感じたからです

私は幼少期からサッカーしており、体育会系の環境に身をおいてきた影響か「数字で評価される」環境に魅力を感じております。

貴社は、社内システムで営業担当1人ひとりの成績が見えるようになっており、短い期間ではありますが、インターンシップ中は非常にやりがいを感じておりました。

入社後はお客様の要望を第一に考えながら、営業成績1位を目指し、業務を遂行してまいります。

 

以上の2点を踏まえまして、貴社を志望いたします。

 

一方、選考本番はインターンシップのときよりも、実務能力が重視される傾向にあります。

このため、インターンシップ時の出来事をもとに志望動機を構成。

「インターンシップの際に~」と前置きがあれば、採用担当者は『使いまわし』と判断しないでしょう。

 

しかし、それだけでは面接で採用担当者に『他社でも良いのでは?』と指摘される可能性も否定できません。

 

それを防ぐために、「貴社の評価環境に魅力を感じている」と、その企業でなければならない理由に言及。

志望企業のインターンシップに落ちてしまっていたり、そもそもインターンシップに参加していなかったりした場合でも、同業他社を比較すると、各社の違いが鮮明になり、その企業でなければならない理由を見つけやすくなります。

志望動機の構成・書き方については『志望動機の構成。履歴書とESの書き分け/面接での話分け』にてまとめていますのでご一読ください。

 

2.学生時代がんばったことを示せ

続いては「学生時代がんばったこと」です。

こちらも「ガクチカ」という省略語が造られるほど、選考において鉄板の質問となっています。

 

(1)インターンシップ用

私が学生時代に力を入れたことは、部活動のマネジメントです。

具体的には大学でサッカー部の主将をしていますが、チームで負けが続いた時期がありました。

私は、その状況を打開するべく、チーム全員でのミーティングを提案。

選手やマネージャー、チーム全員で過去の試合内容を分析したところ、負け試合では「パスワークが悪い」という弱点が明らかになりました。

 

その弱点を克服するために、戦術を変えたところ、チームが少しずつ勝てるようになっていきました。

部活動でのそのような経験から、私は「失敗の原因を考えること」が習慣づいていきました。

入社後の仕事でも、ミスをしてしまう場面があるかもしれません。

しかし、同じ失敗を繰り返さないよう、原因考え、先輩方と連携しながら、業務に取り組んでまいります。

 

設問に「学生時代、がんばったことを示せ」とあれば、大学などでの実績をかけば良い、と考えると思います。

たしかに、設問をみればそのような解釈も間違いではないのですが、これは就職活動の一環です。

 

営業職を志望しているにもかかわらず、「◯◯(専門分野)の研究に注力しました」と書かれていても採用担当者は、学生さんの適性を判断できません。

つまり、「学生時代がんばったこと」は志望職種の適正に言及されていることが評価の第一条件となります。

営業職やコミュニケーション能力や現場(営業先)での対応力が重視される職種です。

このため、例文では部活動でのエピソードをもとに、「コミュニケーション能力と対応力がある」という事実を示しています。

厳密に言えば、「◯◯(専門分野)の研究に注力しました」との文章でも、「努力家」「根気がある」と続けられますが、それらは自己PRなど他の設問でも言及可能です。

ですので、「学生時代がんばったこと」では、営業職で特に重要視される「コミュニケーション能力と対応力」を軸に回答しています。

 

また、これはちょっとしたテクニックなのですが、セミナーでは「学生時代がんばったことは、失敗談ベースにすると良い」とお伝えしています。

もちろん、絶対にそうすべきとは言いませんが、「大学では◯◯に注力しました。貴社でもがんばります」といった構成では、それだけで文章が成立してしまうので、学生時代のエピソードを盛り込めなくなりがちです。

どんなに読みやすくとも、その根拠となるエピソードに言及させていなければ、採用担当者は適正を判断できないため、良い評価は見込めません。

 

いっぽう、失敗談をベースにした場合は、文中にその打開策や当時の心境を盛り込めます。

成功体験だけを書いた文章より、エピソード部分を詳しく言及できるので、適正が伝わりやすくなります。

学生時代がんばったことの構成・業務適性の考え方については『【ガクチカ】ないときはどうする?「学生時代がんばったこと」の書き方』にてまとめていますのでご一読ください。

 

(2)選考本番用

言うまでもありませんが、設問が「学生時代がんばったこと」ですので、内容は「大学内外でのエピソード」に制限されます。

だからこそ、学生さんの多くはかき分けに悩まれるかと思いますが、結論から言うと、インターンシップ時から職種が変わらない場合、「学生時代がんばったこと」の書き換えは不要です。

この質問で学生さんがやるべきなのは、「志望職種の適正を伝えること」であり「実績を示すこと」ではありません。

無理に書き分けたら、採用担当者の評価を損ねてしまう可能性があります。

インターンシップのエントリーシート(ES)に書いたエピソードより、最適なエピソードがあれば変えても構いませんが、とくに思い当たらない場合は、書き分け不要です。

 

もしも、春先から志望職種を変えた場合には、その職種で求められる能力を調べ、新たに「学生時代がんばったこと」を書きましょう。

構成については、上述の記事にてまとめていますので参考にしてみてください。

 

3.今までの生活の中で経験した失敗談を挙げよ

もちろん、失敗しないように努力するのが大前提ですが、それでも業務をたくさん抱えたり、新しい役職についたりした場合、多少のミスは付きものです。

しかし、どんなミスをしてもお客様への損害は最小限に留めなければなりません。

このような理由から、採用担当者は失敗談を尋ね、学生さんの対応力を推察します。

 

(1)インターンシップ用

私の失敗談は、大学2年の後期に単位を落としてしまったことです。

原因は、私が部活動に熱中しすぎたことでした。

 

当時、私はサッカー部の主将をしていましたが、レギュラーではありませんでした。

私は、「サッカーをうまくなりたい」一心で、サッカーにのめり込んでいきました。

その結果、2年生の後期にかなり多くの単位を落としてしまいます。

 

その後、大学から送られてきた成績表を見た時に「両親に大学にもらっている以上、しっかり卒業しなければ」と考え、私は以下の対策を立てました。

 

  • 朝、晩は図書館で勉強する
  • 課題は早く終わりそうなものから手をつける

 

この結果、勉強と部活動を両立でき、3年生のときには無遅刻ですべての単位を取得しました。

この経験をきっかけに少しずつ優先順位をつけて行動できるようになりました。

入社後、わからないこともあるかと思いますが、「今なにをすべきか」を常に考え、業務を丁寧に遂行する所存です。

 

失敗談も、「学生時代がんばったこと」と同様、入社後を見据えた設問になります。

このため、所見で読んだ採用担当者が適正をイメージできる内容が良いでしょう。

上述のとおり、営業職はコミュニケーション能力や現場での対応力が求められる職種であるため、所見で読んだ採用担当者がそれらをイメージできるように構成しています。

営業職志望であれば、コミュニケーション能力と対応力。一般職であれば作業の正確性と対応力が分かるエピソードを書く良いでしょう。

「学生時代がんばったこと」と同様、志望職種に求められる能力を調べてから書いてください。

 

執筆の際は、単に「学生時代、◯◯をやっていて△△(失敗時のエピソード)しました、貴社では失敗しないよう努めます」と書くのは避けるべきです。

意気込みは大切ですが、採用担当者からみればそれだけで適正を判断できないため、低く評価せざるを得ません。

適正はエピソードが具体的なほど、伝わりやすくなります。エントリーシート(ES)では、改善・克服に向けて努力した出来事を言及しましょう。

失敗談の構成・具体例については『志望動機の構成。履歴書とESの書き分け/面接での話分け』にて紹介していますのでご一読ください。

 

(2)選考本番用

エントリーシート(ES)の設問は、志望職種の適正が分かるように書くのが原則ですが、インターンシップでの失敗談を書くと、採用担当者に『適正がない』と判断される可能性があります。

そのような事態を防ぐために、選考本番用の失敗談はエントリーシート(用)と同じで構いません。

 

たとえば、失敗からの学びについて詳しく言及されていても、そこに「取引先を怒らせた」「◯◯円の赤字を出した」など、自社への損害と分かるエピソードがあれば『即戦力』とは思えないものです。

エントリーシート(ES)の内容でそのように判断されてしまったら選考突破は見込めません。

失敗談は、志望職種の適正を示せる学生時代のエピソードを軸に構成しましょう。

 

厳密に言えば、「学生時代がんばったこと」と同様、適正を示せるエピソードがいくつかあれば、インターンシップ用と選考本番用を書き分けても構いません。

ですが、思い当たらない場合は書き分け不要です。

 

4.今までの生活の中で経験した成功体験を挙げよ

入社後、成果を上げ続けるためには結果に一喜一憂しすぎず、常に成功や失敗の理由を分析していかなければなりません。

採用担当者は選考で学生さんの分析力を推察するため、成功体験を尋ねます。

 

(1)インターンシップ用

私の成功体験は、アルバイト先で独自に月3万円程度の売り上げを出していることです。

大学2年生の春から「営業職の勉強になれば」と考え、居酒屋で接客のアルバイトをしています。

 

アルバイトを始めた当初、お客様からおすすめを尋ねられても答えられず、お店に迷惑をかけてしまいました。

私の勉強不足が原因で、お客様とお店に迷惑をかけてしまった事実が悔しくて、アルバイト先のメニューを1ヶ月間、毎日食べて、どのお酒に合うかを試してノートに記録をつけました。

そのノートを店長から評価いただき、「◯◯(自分の名前)のオススメコーナー」としてお店のメニュー表に掲載。

今では、そこから月3万円程度の売り上げを出しています。

 

居酒屋のアルバイトと、カーディーラーの営業では異なる部分も多いと思いますが、採用後は「お客様が求めているものは何か」を常に考え、業務を遂行する所存です。

 

「志望動機」や「学生時代がんばったこと」と同様に、エピソードと志望職種に関連性がなければ、採用担当者は適正を判断できません。

成功体験も、志望職種の適正をイメージできるエピソードを書いてください。

例文では、アルバイト経験をもとに、営業職に求められるコミュニケーション能力について言及しています。

アルバイト経験がない場合は、部活度や実習など、学内のエピソードでも良いでしょう。

 

採用担当者は、インターンシップ前の学生さんを即戦力とはみていません。

このため、単に「◯◯に成功しました」と書いただけでは『それは学生時代の出来事に過ぎない』と低く評価されがちです。

そのような評価を避けるため、例文では「努力しようと考えたきっかけ」と「成功するためにとった手段」について言及。

その上で、「居酒屋のアルバイトと、カーディーラーの営業では異なる部分も多いと思いますが~」との一文を入れています。

 

単に成功体験を書くよりも、そのきっかけと、過程を具体的に書いた方が、採用担当者は分析力の有無を推察しやすくなります。

 

(2)選考本番用

私の成功体験は、貴社でのインターンシップに参加にプレゼンの内容を評価いただいたことです。

昨年の秋、貴社のインターンシップに参加した際、「業界における問題を考察し、解決策をプレゼンし合う」という課題があったのですが、その内容を営業部の□□様(社員の名前)より、「少し手を加えれば、正式に採用してみても良いかもしれない」との評価をいただきました。

 

私は、業界全体が成長していくためには、車離れに歯止めをかける必要あると考えています。

そのために、私は「Instagramを用いたプロモーション」について提案いたしました。

 

私自身Instagramが好きで自動車関連の投稿を見ていますが、「若い世代が頻繁に使うInstagramに、少し目立った広告を出せば、車離れを止める一助になるかもしれない」と考えたのが最初のきっかけでした。

ひとくちに「自動車」と言っても、予算や用途によって「最適な1台」は異なります。

ノウハウは大切ですが、それに頼るだけでは、成約には至りません。

プロモーションと営業では業務内容が異なりますが、最適な1台を提案すべく「お客様が求めているものは何か」を常に考え、業務を遂行する所存です。

 

記事の冒頭にも書きましたが、選考本番の評価は、実務能力が重視される傾向にあります。

インターンシップなどで成果を上げた場合は、それを軸に回答するのが良いでしょう。

もしも、志望企業のインターンシップに参加していない場合は、別の会社で上げた成果に言及しても構いません。

 

ただし、この場合は面接で採用担当者から『なぜ、弊社のインターンシップには参加されなかったのですか?』と掘り下げられる可能性があります。

その際、単に「御社が第一志望です」と話すのは逆効果です。

このような場面では素直に理由を話し、その企業でなければならない理由を交え、第一志望の旨を伝えてください。

 

インターンシップに未参加の場合は、インターンシップ時と同じエピソードを書き写す。

または他の設問と同様、適正を示せるエピソードが複数ある場合には、書き換えても構いません。

 

まとめ

本記事では、これからインターンシップや、選考本番に臨む学生さんに向けて「エントリーシート(ES)の書き分け方」をまとめました。

エントリーシート(ES)は、インターンシップ用、選考本番用を問わず「志望職種の適正が示されていること」が評価の第一条件になります。

 

書き分けるか否かを決める指標となるのが「就職活動における位置づけ」と「業務適正」です。

たとえば、志望動機がインターンシップと選考本番で重複していれば、採用担当者は『手抜き...』と判断せざるを得ません。

しかし、「業務適正を示せる学生時代がんばったこと」となると、エピソードはだいぶ限られるでしょう。

 

にもかかわらず、無理に単語や言い回しを変えて無理に書き分けても、採用担当者には手を抜いたように見えてしまいます。

適正を示せるエピソードがいくつか思い当たるときには書き換えるべきですが、そうでない場合はインターンシップ用と重複しても構いません。

書き分けに迷ったら、記事中の内容を参考に「位置づけ」と「業務適正」を整理してみてください。

 

とは言え、エントリーシート(ES)の設問は抽象的なものが多いため、回答に迷う場面があるかと思われます。

「どうしてもエピソードが思い浮かばない...」「添削して欲しい」など、気になることがありましたら、アドバイザー紹介ページよりいつでもご相談くださいね。

アドバイザーから学生さんへ

ココリクでは、アドバイザーがマンツーマンでESの書き方や面接のポイントをこっそり解説させて頂きます。

就活で不安なこと、わからないことがございましたら、アドバイザー紹介ページより、気になるアドバイザーを選んでご相談ください(*^^*)

「内定」目指していっしょに頑張りましょう~!*。٩(ˊᗜˋ*)و*。

月間相談数ランキング

B413a13e fa98 437a 95db 67e73eb8359d
1位: 前田 亜希子
運営会社: (株)ネオキャリア【就職エージェント】
401aaa05 4b32 490c 8431 0d5ca210a428
2位: 平原 和人
運営会社: (株)ネオキャリア【就職エージェント】
8796e90f e99e 4d0b 826c bc14c216197d
3位: ココリク 運営事務局
運営会社: cocoriku.jp運営
8796e90f e99e 4d0b 826c bc14c216197d
4位: ココリク 運営事務局
運営会社: cocoriku.jp運営
8796e90f e99e 4d0b 826c bc14c216197d
5位: ココリク 運営事務局
運営会社: cocoriku.jp運営

※本ランキングは前月1ヶ月間の集計をもとに掲出しております。

月間閲覧数ランキング

B413a13e fa98 437a 95db 67e73eb8359d
1位: 前田 亜希子
運営会社: (株)ネオキャリア【就職エージェント】
401aaa05 4b32 490c 8431 0d5ca210a428
2位: 平原 和人
運営会社: (株)ネオキャリア【就職エージェント】
8796e90f e99e 4d0b 826c bc14c216197d
3位: ココリク 運営事務局
運営会社: cocoriku.jp運営
8796e90f e99e 4d0b 826c bc14c216197d
4位: ココリク 運営事務局
運営会社: cocoriku.jp運営
8796e90f e99e 4d0b 826c bc14c216197d
5位: ココリク 運営事務局
運営会社: cocoriku.jp運営

※本ランキングは前月1ヶ月間の集計をもとに掲出しております。