就職エージェント比較サイト

更新:2017/02/16

【選考段階別】就活面接で「よく聞かれる質問」17選。答え方のポイント解説付き

「就活の合否は面接で決まります。だから、聞かれたことに的確に答えましょう」

「そのために、質問の意図を考えよう」

 

学内セミナーや就活フェアでは、このような呼びかけが頻繁に行われる。

もしかすると、もうセミナーなどに参加し、このような助言を受けた学生さんもいらっしゃるかもしれません。

 

たしかに、このアナウンスはそのとおりだ。

採用担当者と初めて合う面接で、質問の意図を外さずに回答できたなら「内定」の可能性は高まるだろう。

だからこそ、学生さんは参考書やセミナーに参加し、面接の準備をされるのではないでしょうか?

 

けれど、本やセミナーをいくら参考にしても、「本番で、練習と違うことを聞かれたらどうしよう...」という不安は消えない。

実際の面接では、面接官1人ひとり性格が違う人と話しをしなければならない。にもかかわらず、多くの参考書には「どのような回答が的確なのか」ということが記述されていないからだ。

 

たとえ同じような質問であっても、面接官個々の性格が違えば、質問の聞き方も一定ではないはず。

会社の「採用マニュアル」に則って質問する人もいれば、履歴書やエントリーシート(ES)を見ながら、質問をしてくる人もいるだろう。

なのに、それらの違いは、参考書では「その場に合わせて回答してください」とか「面接官も1人の人間ですから、目を見て回答しましょう」といった文言で片付けられてしまう。

 

この記事では、私たちアドバイザーが面接対策セミナーで学生さんにお話していることを交えながら、選考段階ごとに「面接でよく聞かれる質問」についてまとめています。

 

面接官の、質問の聞き方についても細かく書いていきますので、「そろそろ準備を進めようと思っている」という学生さんは、面接対策のスタートに、また、「今、面接を受けているけど結果が出ない...」という学生さんは、この記事を参考にこれまでの面接を振り返ってみてくださいね。

 

目次

1次面接は「あなたの人柄」に関する質問

 

2次面接は「志望度」に関する質問

3次面接(最終面接)は「実務」を意識した質問

 

「質問の意図を考える」とは?

【万が一】答えがわからない質問をされたら

面接では「過程・経緯」を語るべき

まとめ

 

1次面接は「あなたの人柄」に関する質問

1次面接は、企業(の採用担当者)と、あなた(学生)が初めて直接話しをする場です。

このため、1次面接ではあなたの人柄に関する質問が多くなっています。

質問例と答え方のポイントを1つずつみていきましょう!

 

1.自己紹介をしてください

面接は、企業(の採用担当者)と、あなた(学生)が直接話しをする場です。

このため、面接の冒頭で自己紹介が必ず求められます。

自己紹介は、面接でいちばん最初に求められる質問です。

企業の担当者に「この学生は元気がない...」、「やる気がないのかな...」などとあなたのことを誤解されないよう、ハキハキと話すことを意識してください。

 

自己紹介のポイントは会話のきっかけとなるキーワードを盛り込むことです。(※関連記事参照)

 

 

早い段階で採用担当者と打ち解けることができれば、その後のやり取りもスムーズになるでしょう!

自己紹介は、1次面接に限らず、どの段階(の面接)でも求められます。

なぜなら選考段階に応じて面接官が変わるからです。

その面接でも自己紹介をスムーズに行えるよう、普段から練習しておくと良いでしょう!

 

2.○○大学に入った理由を教えてください。/専攻内容など

新卒学生である皆さんは、企業での就業経験がありません。(アルバイト、インターンを除く)

このため、面接で企業の採用担当者は、以下のように、大学での取り組みを尋ねます。

 

【質問例】

  • 大学に入った理由を教えてください。
  • 大学での専攻内容。それを専攻した理由を教えてください。
  • 学外での活動では、何か活動されていましたか?(例:ボランティア活動など)

 

このような質問に答えるためにやって欲しいのが「自己分析」です。

自己分析とは、これまでの経験を振り返り、人生のターニングポイントを見つけ出すこと。

「ターニングポイント」と聞くと、大げさに感じるかもしれませんが、たとえば今の進路(大学など)を選んだのには何らかの理由、そのきっかけとなる出来事があったのではないでしょうか。

面接前までに幼少期~現在までの出来事を整理し、「△△を目指して〇〇大学に入りました」といったように、具体的な理由を話せるよう、準備しておきましょう。

 

※ここに具体的な理由がないと、採用担当者に『就職活動もなんとなくやっているだけなのかな...』と判断されてしまうかもしれません。

そのような誤解を防ぐためにも、自己分析を入念にしてくださいね。

 

3.あなたの長所を5つ教えてください。

これは、あなた自身が「自分のことをどう捉えているか」を把握するために行う質問です。

この質問に答えるポイントは客観的な視点を交えることです。

 

たとえば、面倒見が良いという長所について話す場合、そのまま「私の長所は面倒見が良いところです」と言ったらどこか自慢話のように聞こえますよね。

採用担当者が、『この学生は自信家だな』とポジティブに受け取ってくれたら良いのですが、そうとは限りません。

なかには『自信家なのはいいけど、自社のメンバーときちんとコミュニケーション取れるかな?』と疑念を抱く人もいるでしょう。

採用担当者にそんな疑念を抱かせないために、長所は以下のように答えるのがオススメです。

 

【長所の回答例】

友人や大学の先生からは、面倒見が良いと言われます。

振り返ってみれば、幼少期から妹の面倒を見て、今は大学で〇〇部の部長をしています。

自分では、あまり意識していませんが、面倒見が良いのかもしれません。

 

周囲に「面倒見が良いと言われる」というひと言があるだけで、客観的な印象になりませんか?

加えて、「振り返ってみれば~」と過去のエピソードを具体的に語られていると、その話から説得力を感じますよね!

 

4.あなたの短所を5つ教えてください。

同様に、あなたの短所についても非常によく聞かれます。

単に「私の短所は...」と、短所を5つ話すだけでは、採用担当者に『この学生はネガティブだ・・・』という印象を与えてしまいます。

そこで短所は以下のように答えるのがオススメです。

ポイントは改善する努力を示すことです。

 

【回答例】

私は、やや内向的なところがあります。

そのため、挨拶などを積極的にするよう、普段から心がけています。

 

「内向的」という短所に対して、「挨拶を積極的にする」という改善策を示しています。

どうでしょうか...?単に、「内向的」と話すより、前向きな印象を受けますよね!

短所や失敗談は改善策(努力していること)を交えて話すと、とても前向きな印象になります。

採用担当者から『この学生はネガティブだ・・・』と誤解されることもないでしょう。

短所の答え方については、以下の記事にて詳しく紹介していますので、合わせてご一読ください。

 

 

5.今までいちばん嬉しかったことを教えてください。

この質問には、「あなた(学生)がどんなことに対して喜びややりがいを感じるのかを聞きたい」という企業側の本心があります。

あなたが楽しいと思うことが、採用する企業が求めている方向性とどこまで合っているか。

ここがズレていると、あなた自身も「やりたいことができない、こんなハズじゃなかった...」とストレスを感じてしまうでしょう!

企業、学生、双方にとって不幸な状況を避けるために、面接では「今までいちばん嬉しかったこと」が頻繁に聞かれます。

 

また、面接官の中には「嬉しかったこと」というシンプルな言い回しではなく『これまでの成功体験を教えてください』と、聞く人もいます。

ですが、聞き方が変わっても質問の意図は変わりません。

面接中「成功体験」と言われたら、「嬉しかったこと」を答えてくださいね。

 

6.今までいちばんつらかったことを教えてください。

これも、非常によく聞かれます。この質問を通じて採用担当者は学生さんがつらい経験をどう乗り越えたかということを確認しています。

つらい経験についてについて答えるときは、

 

【つらい経験の回答例】

〇〇という経験をしてしまいましたが、友人の協力を得て△△という方法で解決しました。

それ以来、同じ失敗を繰り返さないために、▲▲を意識しています。

 

というようにつらい経験・その解決策・予防策をセットで話してください。

過去の失敗は、消えるものではありません。重要なのは、同じ失敗を繰り返さない努力をすることです。

予防策を具体的に示す姿勢は、面接においてもプラスに評価されます。

 

また、面接では「つらい経験」ということばを使わず、以下のように質問をする採用担当者もいます。

 

【類似する質問】

  • これまで経験の中で、いちばんの失敗談(失敗経験)を教えてください。
  • これまでの人生の中でいちばんの挫折経験を教えてください。

 

質問の聞き方は違いますが、これらの採用担当者が重視しているのは「あなたが、それをどうやって乗り越えたか」ということです。

繰り返しになりますが、このような質問に答えるときには「つらい経験・その解決策・予防策をセットで」話してください。

 

7.あなたの苦手なことはなんですか?

就活(面接)で、「できない」、「やらない」、「無理」など、ネガティブなイメージのことばはNGワードです。

絶対につかわないでください。

「できません」、「やれません」などと言ってしまうと、あなたにそのつもりがなくても、採用担当者はあなたのことを『やる気のない学生』と判断します。

なかには、その場で「不採用」を決める担当者もいるかもしれません。

面接で苦手なことを聞かれたら、

 

【苦手なことの回答例】

〇〇にやや苦手意識があります。

ですので、解消に向けて、毎日△△に取り組んでいます。

 

と、上述の短所や失敗談と同様に改善策を交えて話すと前向きな印象になります。

繰り返しになりますが、「できない」、「やれない」、「無理」などのネガティブなことばは絶対につかわないでください。

 

8.あなたは、周囲からどのような人だと言われますか?

あなたの人柄を確認するために、このような質問をする採用担当者も少なくありません。

先ほど、長所の答え方のところでも書きましたが、単に「努力家です」と話すのは避けるべきです。

 

質問の答えだけを聞いても、採用担当者は「本当にそうなのか」がわかりません。

厳密に言えば、「努力家です」と回答しても、面接はそのまま進行することがほとんどです。

その場で、その経緯を深く聞かれることはそんなにありません。

しかし、採用担当者は答えだけを話した学生さんを、必ずと言って良いほど「不採用」にします。

 

このような質問に答えるために必要なのは、「そうなった経緯」と「志望職種に活かせる内容」を話すことです。

たとえば、商社の営業職を志望している場合は以下のようになります。

 

【回答例】

私は、周囲から努力家だと言われます。

実は、大学2年生からのときから、居酒屋でアルバイトをしているのですが、始めた当初、勤務先のメニューの特徴が分からず、お客様の質問に答えられませんでした。

私は「お客様に不愉快な思いはさせたくない」という一心で、アルバイト先のメニューを1ヶ月間、毎日食べて、おすすめノートをつけました。

御社への入社後も、わからないことがあるかと思いますが、その際は、配属先の皆さまに聞きながら業務を覚えてまいります。

 

いかがでしょうか?

単に「努力家です」だけでなく「アルバイト先のメニューを1ヶ月間毎日食べた」というエピソードがあることで信ぴょう性が増しますよね。

また、営業はコミュニケーションスキルを求められるポジションです。

実際の仕事に近い(お客様と話している)エピソードを話すことで、採用担当者はあなたの入社後をイメージしやすくなります。

 

2次面接は「志望度」に関する質問

 

2次面接では、あなたの人柄に加え、志望度を問う質問が増えてきます。

 

9.志望動機

志望動機は、1次~2次面接でよく聞かれます。

1次面接で答えた場合でも、2次面接で「志望動機をお願いします」と改めて聞かれることがあります。

志望動機は企業(の採用担当者)にあなたの能力を示すための事項です。

 

【回答例】

私は、大学時代にMOSを取得し、1分間に600字程度のタイピングが可能です。

現在、都内のIT企業にてアルバイトをしており、1ヵ月あたり約3万件の顧客情報の入力業務、テレフォンオペレーターの業務に従事しております。

アルバイトと正社員という立場の違いはありますが、私の経験が活かせるのではないか、と考え貴社を志望いたしました。

会社説明会にて、担当者の方より、「弊社はお客様からの問い合わせが多い」と伺いました。

丁寧かつ迅速な対応を心がけ、お客様から『あなたの説明はわかりやすい』と言っていただけるような事務員を目指します。

 

上記は、事務職に就きたい学生を想定して作った志望動機の例です。

 

仕事への意気込みにくわえて、「タイピングは1分間に600字」、「テレフォンオペレーターの業務経験がある」といった実務で活用できる能力・経験を交えることで、企業(の採用担当者)も、あなたが自社で働く姿をイメージしやすくなるでしょう。

志望動機のつくり方については、『どうすればいい?就活での自己分析の方法、手順【実例解説あり】』という記事で詳しく解説していますので、そちらも合わせて参考にしてみてください!

 

10.ほかにどんな企業を受けていますか?

この質問をつうじて採用担当者は、「あなたの志望業界が固まっているか」ということを確認しています。

たとえば、「〇〇商社」、「△△新聞社」、「△△不動産」など、志望業界に統一性がない場合、企業の採用担当者は『この学生はなんとなく受けているだけ...ならばウチ(自社)じゃなくてもいい...』という印象を与えてしまいます。

 

(1)志望業界に統一性がない場合の答え方

とはいえ、商社や新聞社など複数の業界を受ける学生さんもいらっしゃると思います。

そのような場合は、同業種の業界のみについて答えてください。

たとえば、不動産業界を受けている場合は、

 

【回答例】

御社のほかに〇〇社(同業他社)を受けていますが、将来は△△に関わる仕事がしたいと考えております。

また今日こうして、面接官の皆さまとお話しをさせて頂くなかで「御社で働きたい」という思いがより強くなりました。

内定を頂いた場合には、ぜひ御社で頑張りたいと考えております。

 

といったように、選考を受けている同業他社の企業名を明かしたうえで、「御社が第一志望です」という意気込みを伝えてください。

就職活動で1社しか受けていない、ということはほとんどないでしょう。企業も「同業他社を受けている」という事実だけで、あなたを不採用にすることはありません。

「第一志望である」と意気込みを話したうえで、”その企業であるべき理由”を伝えればいいのです。(※後述あり)

 

11.A社(同業他社)ではなく、御社を選んだ理由はありますか?

面接では、これも非常によく聞かれます。

誰だって「自分のことを大切にしてくれる人と行動したい」と思いますよね!

それは企業も同じです。

この質問に答えるうえで重要なのが、”比較”です。

 

 

詳しくは上記の記事にて書いていますが、2社以上を比較することで、それぞれの企業の「違い」が浮かびあがります。

企業研究で見つけた「違い」と、「自身のやりたい仕事」を照らし合わせることでその企業でなければいけない理由が見えてきます。(※関連記事参照)

面接までに企業研究を入念に行ない、その企業でなければいけない理由を明確にしておきましょう。

 

12.自社でどのような仕事をしますか?

これは、少しわかりにくいですが「あなたがどのようなスタンス(姿勢)で、何に取り組むか」ということです。

企業はこの質問をつうじて、あなたが入社後のことをどれだけイメージできているか、を確認しています。

 

このとき、「言われたことならなんでもやります」と答えるのは絶対に避けてください。

いっけん積極的にみえる返答ですが、裏を返せば「言われたことしかやりません」と宣言しているようなものです。

まだ正式に働いていないのでわからないこともあると思いますが、「業務に関連する情報を積極的に取り入れ、何事にもチャレンジしていきたいと考えています」といったように、できるだけ具体的、かつ前向きに答えましょう!

 

13.3年後(5年後)はどんな仕事をしていますか?

これは、あなたのキャリアプラン(人生設計)に関する質問です。

 

  • 3年後、5年後ぐらいに何をしている自分でありたいか。
  • そのために、どんな努力をしているか。
  • 3年後、5年後ぐらいに会社とどのように関わっていたいか。(どんな働き方をしていたいか)

 

こういったことを「学生に聞いてみたい」と考えている採用担当者は少なくありません。

先ほどの質問同様、少し答えにくい(イメージしにくい)面もあるかと思いますが、面接前に1度考えてみてくださいね。

 

14.弊社のホームページは集客力がありますか?改善点があれば教えてください。

面接では、自社サービスについても聞かれることがあります。

採用面接は、企業にとって「1人のユーザー(お客様)と話す貴重な機会」になっています。

 

『自社のホームページなどをたくさん見た学生に、自社サービスの改善点を教えて欲しい』

 

そんな思いから自社サービスに関する質問を行ないます。

学生さんと面接の練習をすると、「自分が意見を言っていいのか...」と躊躇してしまう方がいらっしゃいますが、意見を言うことは悪いことではありません。

 

むしろ、企業側は『これから自社に関わる気持ちがあるのなら、積極的に意見して欲しい』と考えています。

 

ですが、単に「御社のここがダメ」、「あそこがダメ」と言っては、『上から目線』と、とられ印象が悪くなってしまうかもしれません。

意見を述べるときは、

 

【回答例】

いち学生の意見ですが、御社のホームページの〇〇がこんな感じになれば使いやすくなると思います。

 

などと謙遜しながら話しましょう。

 

3次面接(最終面接)は「実務」を意識した質問

3次面接(最終面接)になると、経営陣や各部署の責任者が面接官をつとめます。

ですので、質問も1次面接、2次面接よりも実務的、かつ確信的な内容になります。

 

15.パソコンのスキルを教えてください。

パソコン(Word・Excelなど)のスキルは、業界や職種を問わず必須となるものです。

パソコン操作で苦手なことがある場合には、入社までに使いこなせるよう、準備しておきましょう!

 

16.弊社はなかなかハードワークになりますが大丈夫でしょうか?

実際に働く場面を想定して、このような質問が行われます。

言うまでもありませんが、「すぐに休むかもしれません」と言ったのでは、あなたのやる気を疑われてしまいます。

面接で休暇について聞くのはタブーです。

このように聞かれた場合は「体調管理を徹底して、休みなく働けるよう自己管理を徹底します」と、働く意欲を示しましょう。

 

17.今日を持って就職活動を止めることができますか?

非常に確信をついた質問ですよね!

こう聞かれたときに少しでも悩んだ素振りを見せてしまうと、企業の担当者に『ウチが第一志望っていうのは、ウソだったのかな?』と疑念を持たれてしまいます。

そんな誤解防ぐためにも、このような質問には、「はい、御社に入りたいので!」と元気よく答えてください。

 

「質問の意図を考える」とは?

この見出しだけを見て「むずかしそう...」と思った学生さんもいらっしゃるかもしれません。

結論から言うと、セミナーや個別面談の際、学生さんには「質問の意図を考える=自分の経験が、志望職種に活かせるのかを考えること」と、お話しています。

 

たとえば、「自己PRをしてください」という質問があります。

商社の営業職を志望する場合は、どんな自己PRが良いでしょうか?

以下、2つの自己PRが出ていきますので、「営業職に向いている」と思う方を選んでみてください。

 

A

私は、大学時代にMOSを取得し、1分間に600字程度のタイピングが可能です。

現在、都内のIT企業にてアルバイトをしており、1ヵ月あたり約3万件の顧客情報の入力業務、テレフォンオペレーターの業務に従事しております。

入社後も、迅速かつ正確に業務を遂行できるよう、努めてまいります。

 

B

私は、大学2年生の春から居酒屋でアルバイトをしています。

アルバイト先での主な仕事は店舗フロアでの接客業務です。高校時代にもファストフード店でアルバイトをしていたので、「大丈夫だ」と思っていたのですが、現実はそんなにあまくありませんでした。

接客をしていたあるとき、お客様から「今日のオススメは?」と聞かれたことがあったのですが、当時、私は「言われたものを運ぶ」ことが店員の仕事だと思っていたので、メニューについては勉強していませんでした。

このため、私はお客様からの「オススメは?」という質問に答えられず、結果的にお客様を怒らせてしまいました。

恥ずかしながら、そのときに初めて「仕事は言われたことをやっているだけじゃダメのだ」という事実に気がつきました。

 

私は「お客様に不愉快な思いはさせたくない」という一心で、アルバイト先のメニューを1ヶ月間、毎日食べて、どのお酒に合うかを試してノート記録をつけました。

その「オススメノート」が功を奏したかはわかりませんが、ある日、お客様におつまみをすすめたところ『このお酒に合うね...知らなかった!』と言っていただいたことがありました。

また、あるときから私が研究したオススメの組み合わせを、「〇〇(自分の名前)のオススメコーナー」として、お店のメニュー表に掲載するようになったのですが、そのオススメコーナーから月平均3万円程度の売り上げが出ています。

 

御社の業務においても、わからないことがあるかと思います。

わからないことはそのままにせず、先輩方に聞くなど「早く、正確な仕事をするにはどうするべきか」を常に意識し、業務に従事したいと考えています。

 

いかがでしょうか?

それぞれを読み比べるとBの方が、営業職に向いてそうな感じがしますよね。

 

Aもアルバイト経験をアピールした上で、仕事への抱負を語っています。

しかし、事務経験をアピールしているため、「どちらが営業に向いているか?」と聞かれた場合、Bの方ができそう、と感じるのではないでしょうか。

それぞれの自己PRを読み比べると、Aは事務、Bは接客や営業に向いていそうな感じがしますよね。

 

自己PRは、単に自分の得意なことを書けばいいというわけではありません

 

企業の採用担当者が重視しているのは「その経験(アルバイトや学生時代の経験)が、志望職種に活かせるのか」ということです。

志望業務の適性は、会社案内や募集要項に書かれています。

それらを熟読し、仕事で求められる能力を把握。自己分析でご自身の経験を振り返った上で、志望動機や自己PRを考えてみてください。

また、以下の記事で「質問の意図」についてまとめていますので、選考準備の参考にしてみてください。

 

 

【万が一】答えがわからない質問をされたら

面接で、採用担当者は、あなたの本質(普段のようす)を見ようと、マニュアルに載っていない(学生が答えにくい)質問を次々と投げかけてきます。

なかには、答えがわからない(知見のない)質問があるかもしれません。

さいごに、そのような質問の答え方を紹介させてください。

 

無理に答える必要はない

面接限らず、ウソは最悪です。

厳密に言えば、1回の面接(その場)は乗り切れるかもしれません。

 

ですが、そのウソがのちのちバレた場合は最悪です。無論、選考中にウソが発覚した場合は、それまでどんなに良い評価を得ていても「不採用」になります。

ウソは、信頼を失墜させます。

選考中、知見のないことを聞かれた場合には、

 

申し訳ありません。

いまの質問ですが、知見がないので今すぐにはお答えすることができません。

自宅に帰ってから、正しい情報を回答させて頂きたいのですが、よろしいでしょうか?

 

と、回答する意欲を示し、帰宅後、早急に回答してください。

 

しかし、言うまでもありませんが、知らないことが少ないほうが採用担当者との会話は、スムーズになります。

テレビや新聞に目を通すなど、知らないことを減らす努力を忘れないでください。

また、志望動機や自己PRを明確に答えたれるよう、企業研究自己分析は入念に行ないましょう。

知見がなくて答えられないのと、志望動機や自己PRなど、自分のことを答えられないのとでは印象がまったくことなります。

 

面接では「過程・経緯」を語るべき

少し想像してみて頂きたいのですが、初対面の人に「私って努力家なところがあって」と言われても、『ホントかな...』と疑いたくなりますよね。

それと同じで、企業の採用担当者も1人の人間ですから、単に「私は努力家です。御社でも努力します」と言われても、『ホントにできるかな...』と疑ってしまいます。

 

面接は、企業の採用担当者が、あなた(学生)の人柄を確認するために行うものです。

たとえば、単に「努力家です」と話すより、『私は、サッカー部でレギュラーになるために夜遅くまで練習しつづけました』と、経緯を具体的に話す方が、人柄が伝わりますよね!

面接では、

 

  • なぜ、その企業に入社したいのか
  • なぜ、自己PRで「〇〇(自身の特徴)な人間」だと思ったのか

 

など、あなたの人柄を示すようなエピソードを、わかりやすく、具体的に話しましょう。

 

面接では、単にアピールポイントを話すのではなく、努力した過程や経緯を具体的に語る方が良いでしょう!

努力した過程や経緯を語ることは、面接の高い評価につながります。

 

 

まとめ

今回は、「面接でよく聞かれる質問」をまとめました。

記事中にも書きましたが、面接中、企業の採用担当者は、あなたの普段のようすを把握すべく、参考書に載っていない(学生が答えにくい)質問を次々と投げかけてきます。

 

ですが、どのような質問がきても、やるべきことは1つです。

学生さんも企業の採用担当者と同じように、「その経験が志望職種にどう活かせるか」という視点を持ち質問に答えることで、採用担当者はあなたの入社後をイメージしやすくなります。

まずは、この記事を参考に面接対策を進めてみてください。

選考準備を進める中で「模擬面接をしたい」、「〇〇業界の採用基準を知りたい」など、気になることがありましたら、アドバイザー紹介ページより、いつでもご相談くださいね。

アドバイザーから学生さんへ

ココリクでは、アドバイザーがマンツーマンでESの書き方や面接のポイントをこっそり解説させて頂きます。

就活で不安なこと、わからないことがございましたら、アドバイザー紹介ページより、気になるアドバイザーを選んでご相談ください(*^^*)

「内定」目指していっしょに頑張りましょう~!*。٩(ˊᗜˋ*)و*。

月間相談数ランキング

B413a13e fa98 437a 95db 67e73eb8359d
1位: 前田 亜希子
運営会社: (株)ネオキャリア【就職エージェント】
401aaa05 4b32 490c 8431 0d5ca210a428
2位: 平原 和人
運営会社: (株)ネオキャリア【就職エージェント】
8796e90f e99e 4d0b 826c bc14c216197d
3位: ココリク 運営事務局
運営会社: cocoriku.jp運営
8796e90f e99e 4d0b 826c bc14c216197d
4位: ココリク 運営事務局
運営会社: cocoriku.jp運営
8796e90f e99e 4d0b 826c bc14c216197d
5位: ココリク 運営事務局
運営会社: cocoriku.jp運営

※本ランキングは前月1ヶ月間の集計をもとに掲出しております。

月間閲覧数ランキング

B413a13e fa98 437a 95db 67e73eb8359d
1位: 前田 亜希子
運営会社: (株)ネオキャリア【就職エージェント】
401aaa05 4b32 490c 8431 0d5ca210a428
2位: 平原 和人
運営会社: (株)ネオキャリア【就職エージェント】
8796e90f e99e 4d0b 826c bc14c216197d
3位: ココリク 運営事務局
運営会社: cocoriku.jp運営
8796e90f e99e 4d0b 826c bc14c216197d
4位: ココリク 運営事務局
運営会社: cocoriku.jp運営
8796e90f e99e 4d0b 826c bc14c216197d
5位: ココリク 運営事務局
運営会社: cocoriku.jp運営

※本ランキングは前月1ヶ月間の集計をもとに掲出しております。