就職エージェント比較サイト

更新:2018/04/09

1次面接と2次面接の違いは?【選考段階別 準備のポイント】

志望企業の解禁に向けて、面接対策など準備を進めているころだと思います。

もしかすると、すでに何社かの面接を受け、結果を待っている学生さんもいらっしゃるかもしれません。

 

就職活動の参考書やセミナーでは、「良い準備をしましょう」ということが活発にアナウンスされます。

この記事を読んで頂いているあなたも、そんなアナウンスを元に、準備を進めてきたのではないでしょうか?

 

さて、各企業の選考が本格化している今、学生さんから以下のような相談をいただくことが増えてきました。

 

「面接で、練習したことと違うことを聞かれたら、どうしよう...」

 

面接で何を聞くかは、各企業の採用担当者に委ねられています。そのため、どんなに準備をしても「練習したことと、違う質問をされる」ということは起こり得ます。

よく、セミナーや参考書では『面接は採用担当者との会話』と言いますが、学生さんにしてみれば「緊張して普通に話せる余裕がない...」というのが本音だと思います。

そこで、今回の記事では、各面接段階ごとの違いを交えながら、面接準備のポイントをまとめていきます。

「1次面接に向けて、準備を進めたい」、「2次、3次面接の対策をしたい」という学生さんは、この記事を参考に準備を進めてみてください。

 

 

最初の対策は「質問の傾向を知る」こと

記事冒頭で「面接で何を聞くかは、各企業の採用担当者に委ねられている」と書いたとおり、質問の内容は自由です。

しかし、「自由」とはいえ、面接は企業にとって『自社で働く人材を選ぶための時間』です。

企業は、限られた期間内で、効率よく人材を採用するために、聞きたいことをある程度きめてから面接に臨みます。

 

面接の段階ごとに、企業が知りたいことをイメージできれば、対策しやすくなるはずです。

まずは、面接段階ごとに質問の傾向をまとめていきます。

対策方法も合わせて書いていきますので、はじめに読んでみてくださいね。

 

1次面接は顔合わせ

上の見出しにもありますが、1次面接は企業にとって「顔合わせ」のようなものです。

企業により異なりますが、人事部の社員が1次面接を担当することがほとんどです。

おおむね、1次面接の担当者は、会社説明会の担当者と同じことが多いので、早い段階から顔と名前を思えておくと、面接の雰囲気をイメージしやすいかもしれません。

個別面談で行うことがほとんどですが、志望者が多いときには、グループ面接を実施する場合もあります。

 

1次面接の質問の傾向

【1次面接の質問例】

  • 自己紹介をしてください
  • ○○大学に入った理由を教えてください。/専攻内容など
  • あなたの長所を5つ教えてください

 

先ほども書きましたが、1次面接は顔合わせのようなものです。

そのため、上述のような学生さんの性格や経歴を探るような質問が多くなります。

 

1次面接の対策

対策としては、「自分のことをしっかりと答え立てるようにしておく」ことが重要になります。

具体的に、以下の3点はブレないように意識してみてください。

 

 

企業の採用担当者は、学生さんに大学での専攻内容を聞くことで、自社への志望度の高さを確かめています。

大学での専攻内容と、志望業界が変わった場合、『この学生は、なんとなくウチ(自社)を受けているだけ...』と判断する採用担当者もいます。

そのような誤解を防ぐために、その会社を志望した理由(または変わった経緯)を答えられるようにしておきましょう。

 

また、採用担当者は面接の際、第一印象が良い学生さんのことを積極的に覚えようとします。

服装や髪型、声の大きさなど基本的なことですが、身だしなみには十分...いや、十二分に気をつけましょう!

 

2次面接は適性確認

2次面接で企業は、学生さんの業務適性を確認します。

1次面接の担当者が合格とした人(あなた)に「自社業務をこなす能力があるか」、「本当に第一志望で自社を受けているか」ということを注視しています。

ですので、志望職種の業務責任者が2次面接を担当することがほとんどです。

(※大企業の場合は「業務責任者(課長級)」→「事業責任者(部長級)」など、複数回、面接を行うことがあります)

 

2次面接の質問の傾向

【2次面接の質問例】

  • 同業種の企業が複数ある中で、自社を志望した理由をお話ください
  • 弊社サービスの改善点を教えてください
  • 3年後(5年後)のキャリアプランを教えてください

 

2次面接の対策

対策としては、「志望度明確にすること」、「企業研究をしておく」こと重要になります。

具体的に、以下の2点を意識してみてください。

 

 

1次面接の対策でも、志望度について書きましたが、2次面接では、あなたの適性やキャリアプランについて、より踏み込んだ質問が多くなります。

ですので、自己分析をして、「なぜその企業に入りたいのか(A社ではなく、B社を選んだ理由)を答えられるようにしておくと、面接が楽になるでしょう。

 

また、面接の機会を利用して、自社サービスについて意見を求める採用担当者(業務責任者)は少なくありません。

口頭で、単に「理解しています」と言われるより、具体的な意見を示したほうが説得力が増すでしょう!

自分の意見を述べることは「サービスを理解している」という事実をことにもつながります。

志望企業が運営しているサービスなどがあれば、実際に使って改善点などをまとめておくと良いでしょう。

 

最終面接は熱意確認

最終面接は、企業にとって熱意確認の場になります。

企業の役員や経営陣が面接官をつとめ、あなたに入社の意思があるか否かを確認します。

 

最終面接の質問の傾向

【最終面接の質問例】

  • 弊社はハードワークになりますが、大丈夫でしょうか?
  • 複数の企業から内定が出たらどうしますか?

 

最終面接の対策

上述のとおり、最終面接では熱意確認の場ですから、質問も核心をつくものが多くなります。

最終面接では、入社の意思を確実に伝えることが重要になります。

 

就職活動で1社しか受けていない、ということはほとんどないでしょう。

学生さんの多くは、複数の企業の選考を受けていると思います。

それ自体は、悪いことではありませんが、最終面接で「B社(別企業)の結果を待ってから、返答させてください」と話したら、役員や経営陣は『この学生は、必ずしもウチ(自社)に入りたいわけじゃない...』と判断せざるを得なくなります。

 

最終面接では、「御社が第一志望なのでがんばります」、「困難なことがあっても、先輩方と協力しながら業務を進めてまいります」と、入社の意志を伝えましょう。

 

採用担当者は、ウラをかく

上述のとおり、企業の採用担当者は、各面接であなたの性格や、業務適性、志望度の高さを見極めるために、聞き方を変えて何度も同じような質問をします。

(明確な志望動機がない学生さんほど、ボロが出やすくなるため)

また、グループ面接などで学生さんを比較することで、プレッシャーをかけてきます。

 

意識すべきことは、どの面接も同じ

面接でもっとも避けるべきは、志望度をうわべで判断されることです。

たとえ、面接で「私の長所は几帳面なところです」と話しても、スーツにシワやよれつきがあれば、採用担当者に『ウソっぽい...』と感じるでしょう。

また、志望動機に具体性がない場合も同様です。

 

面接中、どんな質問をされても、担当者に『ウソっぽい...』と判断される言動は避けるべきです。

そのために、

 

  • 身だしなみに気をつける
  • 志望動機を明確にする(同業種の中から、その企業を選んだ理由を答え立てるようにしておく )
  • 聞かれたことに答える(一方的に話しすぎない)

 

と、いったことが重要になります。

各面接段階でよく聞かれる質問と答え方については、『【選考段階別】就活面接で「よく聞かれる質問」16選。答え方のポイント解説付き』にてまとめていますので、そちらも合わせて参考にしてみてください。

 

話し方を決める

さて、ここまで各面接の特徴や質問内容について書いてきました。

各面接の準備については、なんとくイメージをつかんでいただけたのではないでしょうか?

 

しかし、率直に言うと、面接での質問を完全に網羅するのは難しいのが実情です。

もちろん、上述のとおり、各面接に傾向がありますので、対策を立てることはできます。

また、しっかり準備をした方が、具体的な志望動機、自己PRを話せるでしょう。

ですが、採用担当者が学生さんの本心を確かめるべく、ウラをかくほど対策が難しくなります。

 

そこで、個別面談やセミナーに来ていただいた学生さんには「話し方を決める」と良いとお伝えしています。

緊張して余裕がなくなるとは、「質問されたときに、何から話していいかわからない状態」だと思います。

ですが、あらかじめ「困ったらこう話す」という話し方を決めておくことで、面接中、緊張したり、ことばに詰まっても立て直しやすくなります。

 

面接で話すときのポイント3つ

ということで、ここからは面接での話し方についてまとめています。

「話し方のポイント」と言ってもそんなに難しいものではありませんので、以下の3点を意識しながら面接の練習をしてみてください。

 

1.結論から話す

 

『就活面接で「コミュニケーション能力」をアピールするには?話し方、立ち振舞など』という記事にも書いていますが、結論から話すことで、内容が伝わりやすくなります。

たとえば、以下、2つの自己PRの例文を音読してみてください。

 

A

小学4年生のとき、運動会の徒競走に負けたことが悔しくて、毎朝5kmのランニングをはじめました。【幼少期のエピソード】

未だにその悔しさを引きずっているわけではありませんが、小学4年生~現在までランニングを継続しています。【その経験から学んだこと】

継続力なら、誰にも負けません。【アピールポイント】

入社後、わからないこともたくさんあると思います。疑問点があれば同僚の方々に確認しながら、着実に業務を進めてまいります。【仕事への抱負】

 

B

私の強みは、誰にも負けない継続力です。【アピールポイント】

小学4年生のとき、運動会の徒競走に負けたことが悔しくて、毎朝5kmのランニングをはじめました。【幼少期のエピソード】

未だにその悔しさを引きずっているわけではありませんが、小学4年生~現在までランニングを継続しています。【その経験から学んだこと】

入社後、わからないこともたくさんあると思います。疑問点があれば同僚の方々に確認しながら、着実に業務を進めてまいります。【仕事への抱負】

 

これらは、どちらも幼少期の経験をもとに、長所をアピールした自己PRの例文です。

内容は同じですが「アピールポイント」の位置だけを変えています。

 

2つの例文を音読してみて、いかがでしょうか?

前半に説明が多いAよりも、Bの方がアピールポイントを覚えやすいですよね!

面接で採用担当者は、あなたの人柄や業務適性を見極めるために、大学や幼少期の経験を詳しく聞きます。

そうすると、無意識のうちに時系列(エピソード→結論)で話しがちかもしれません。

 

ですが、上述のとおり、結論(質問の答え→エピソード)から話した方が伝わりやすくなります。

また、「質問の答え→エピソード」という話し方を覚えておけば、話している時にことばに詰まっても立て直しやすくなります。

 

2.語尾を意識する

就職面接では「敬語で丁寧に話さなければ」という思いがあると思います。

しかし、採用担当者から想定していない質問をされた場合、言い回しのことまで考えるのが難しいかもしれません。

そのような場合は、語尾を丁寧に話すことだけを意識してみてください。

 

【よく使う敬語の言い回し】

  • 「~いたしました」(~した)
  • 「~させていただく」(させてもらう)
  • 「~です、ます」

 

「~した」、よりも「~いたしました」の方が丁寧な感じがしますよね。

些細なことですが、語尾を少し変えることで、面接での印象が大きく変わります。

 

3.少し大きな声で話す

就活セミナーなどで学生さんと模擬面接の練習をすると、想定外の質問がきたときに声が小さくなる方がみられます。

採用担当者を威圧するほど大きな声を出す必要はありませんが、ハキハキとしていた方が好印象です。

面接の際は、普段よりも「少し大きめの声で話すこと」を意識してみてください。

 

1次面接~最終面接までに同じ質問をされたとき

面接中を重ねると、採用担当者から同じ質問をされることがあります。

 

  • 1次面接と、2次面接でそれぞれ志望動機を聞かれる
  • 1次面接と、2次面接でそれぞ自己PRを聞かれる

 

個別面談や就活セミナーでも、学生さんから「同じ質問をされたときの答え方」について聞かれることがあります。

結論から言うと、そのような場合は、先に話した内容と同じことを話して構いません

面接の段階ごとに担当者が変わっても、あなたの志望動機や自己PRは変わらないはずです。

ですので、先に話した内容と同じことを話して構いません。

 

面接結果が通知されるまでの日数

面接が終わると、企業はおおむね10日~2周間以内に、学生さんに結果を通知します。

企業によっては、1次選考の結果を3日以内、2次選考の結果を10日以内...と少し間をあけることもあります。

「この前、選考を受けたけど、なかなか結果がこない...」という学生さんは、もう少し待ってみてください。

 

まとめ

今回は、各面接段階の違いを交えながら、面接準備のポイントについて書いてきました。

面接で企業の採用担当者は、学生さんの本音を探るべくウラを書いてきます。

しかし、「困ったらこう話す」という話し方を決めておくことで、面接中、緊張したり、ことばに詰まっても立て直しやすくなります。

記事中で書いたポイントを参考に、面接の練習をしてみてください。

 

とはいえ「1人で練習するのは心配...」という学生さんもいらっしゃるかもしれません。

業界別の選考対策も行っていますので、何か気になることがあったらアドバイザー紹介ページより、いつでもご相談くださいね!

アドバイザーから学生さんへ

ココリクでは、アドバイザーがマンツーマンでESの書き方や面接のポイントをこっそり解説させて頂きます。

就活で不安なこと、わからないことがございましたら、アドバイザー紹介ページより、気になるアドバイザーを選んでご相談ください(*^^*)

「内定」目指していっしょに頑張りましょう~!*。٩(ˊᗜˋ*)و*。

月間相談数ランキング

B413a13e fa98 437a 95db 67e73eb8359d
1位: 前田 亜希子
運営会社: (株)ネオキャリア【就職エージェント】
401aaa05 4b32 490c 8431 0d5ca210a428
2位: 平原 和人
運営会社: (株)ネオキャリア【就職エージェント】
8796e90f e99e 4d0b 826c bc14c216197d
3位: ココリク 運営事務局
運営会社: cocoriku.jp運営
8796e90f e99e 4d0b 826c bc14c216197d
4位: ココリク 運営事務局
運営会社: cocoriku.jp運営
8796e90f e99e 4d0b 826c bc14c216197d
5位: ココリク 運営事務局
運営会社: cocoriku.jp運営

※本ランキングは前月1ヶ月間の集計をもとに掲出しております。

月間閲覧数ランキング

B413a13e fa98 437a 95db 67e73eb8359d
1位: 前田 亜希子
運営会社: (株)ネオキャリア【就職エージェント】
401aaa05 4b32 490c 8431 0d5ca210a428
2位: 平原 和人
運営会社: (株)ネオキャリア【就職エージェント】
8796e90f e99e 4d0b 826c bc14c216197d
3位: ココリク 運営事務局
運営会社: cocoriku.jp運営
8796e90f e99e 4d0b 826c bc14c216197d
4位: ココリク 運営事務局
運営会社: cocoriku.jp運営
8796e90f e99e 4d0b 826c bc14c216197d
5位: ココリク 運営事務局
運営会社: cocoriku.jp運営

※本ランキングは前月1ヶ月間の集計をもとに掲出しております。