出会える新卒就活アドバイザー比較サイト

聞き上手が就活を制す!OB・OG訪問で企業情報を聞き出すための3つのコツ

前回、『就活するなら知っておくべきOB・OG訪問のメリット、訪問時の注意点3つ』という記事で、OB・OG訪問では、コーポレートサイトに載っていない情報を聞き出すことが必須、というお話しをさせて頂きました。

今回は、OB・OG訪問で、先輩社員から企業情報を聞き出すコツを紹介させて頂きます!

 

OB・OG訪問で、先輩社員から企業情報を聞き出す3つコツ

1.まずはしっかりと聞く!

OB・OG訪問に行って、すぐに「なにか質問は?」と言われることはありません。

まずは、先輩社員が話すことをよく聞いてください。

 

また、OB・OG訪問の際は、日常会話でよくありがちな「単語に反応すること」にも注意が必要です。

たとえば、以下のような会話です。

 

あなた「この前まで新垣結衣が出てたドラマのロケ地がテレビで紹介されていたんだけど・・・」

友人『そういえば、新垣結衣って、昨日〇〇って番組に出てたよね・・・』

 

あなたは、「ロケ地」について話していますが、途中から『新垣結衣』の話しに変わっていますよね。

「単語」に反応してしまうと、その度に話題が変わってしまいます。これは、就職活動(やビジネスシーン)においても避けるべきです。

 

話題がコロコロ変わっては、会社の内情を深く知ることができません。

また、業務とは関係がない話しをして、先輩社員に不快な思いをさせてしまうかもしれません。

そのような事態を防ぐためにも、まずは先輩社員の話しをしっかりと聞きましょう!

 

2.興味を持った姿勢を示そう!

話しを聞くうえでもっとも重要なのは「相手の話しに興味を示すこと」です。

少し話しは逸れますが、あなたが「話し手」だった場合を想像してみてください。

相手が「自分の話しに興味がない」とわかった状態で話しを続けるのは、非常に辛いことですよね。

 

先輩社員も同じです。先輩社員は、就活生の皆さんより人前で話すことに慣れているかもしれません。

ですが、いくら経験豊富な人でも「興味ない」という態度を示されるのは不快なものです。

先輩社員からの話しには、「うなずく」、「返事をする」といった相づちを打ちましょう。

 

もっとも避けるべきなのは、低いテンションで「そうなんですか」、「わかりました」という返事を返すことです。

声のトーンや相づちの動きがあまりにも小さいと、先輩社員はあなたにそのつもりがなくても『自分の話しに興味がないんだ』と感じてしまいます。

返事や相づちは、大きくはっきりと返しましょう!

相手(先輩社員)を威圧するような大きい声は避けるべきですが、返事や相づちは少し大きくても問題ありません。

 

3.質問の順番を工夫せよ!

OB・OG訪問で、先輩社員から話すを引き出す際には「質問の順番を工夫する」のがオススメです。

たとえば、先輩社員の「いちばん印象的な仕事」について聞きたい場合、最初からその質問をしてしまうと、相手(先輩社員)はこんなふうに頭を悩ませるでしょう。

 

『いちばんって言われても、いま選ぶのは難しいな・・・』

 

事前に許可を得て質問事項を送付していれば話しは別ですがあ、普段からそのことについて考えていなければ、その場で『この仕事がいちばん』と絞り込むのは難しいでしょう。

 

ですので、こうした質問をする場合には、まず「入社後、どのような仕事をされてきましたか」と聞きましょう。

すると、先輩社員は入社後~現在までの仕事を時系列で話してくれるでしょう。

そのうえで、こう質問すればいいのです。

 

「そのなかで、いちばん印象的な仕事はなんですか?」

 

自分の仕事について振り返ったあとなので、先輩社員も答えやすいでしょう。

こういった質問は、本題に入る前に相手の過去に関する質問を経由することで、聞きたいことに明確に答えてもらえるようになります。

 

知らないことは素直に聞く

OB・OG訪問の際、先輩社員から「自分の知らない話題」について意見を求められることがあります。

さいごに、そのときの対応の仕方についてお話しさせてください。

 

結論から言うと、わからないことには「わからない」と言って構いません。

学生さんと話しをすると、OB・OG訪問で「わからない」と言うと、印象を悪くするのでは...と考えている方も多いように感じますが、よほど連呼しない限り印象が悪くなることはありません。

むしろ、”知ったかぶり”よりも「その分野ついて詳しく知らないので教えてください!」とハッキリと言ったほうが好印象です。

先輩社員も、そのほうが話しやすいでしょう。繰り返しになりますが、たとえ相手が目上の人であっても、わからないことには「わからない」と言って構いません。

 

ただし、「新聞を読む」、「コーポレートサイトを隅々までチェックする」といった知らないことを減らす努力も忘れないでください。

 

【関連記事】

就活するなら知っておくべきOB・OG訪問のメリット、訪問時の注意点3つ

 

まとめ

「聞き上手」と聞くと、自分に上手くできるのか...と身構えてしまう学生さんが多いかもしれません。

ですが、実際に行うことは「質問の順番を工夫する」、「大きく相手を打つ」といった、特別な知識がなくてもできることです。

OB・OG訪問で先輩社員からコーポレートサイトに載っていない情報をたくさん引き出すために、記事中てご紹介した3つのポイントを普段から意識してみてください!

ちょっとしたことですが、「相手に与える印象」も「OB・OG訪問で得られる情報量」も大きく変わります。

 

こちらもよく読まれています

「普通である」ことが武器になる!就活でのアピールポイントの見つけ方

【内定はコレで決まる?!】学生が絶対に押さえておくべき2つの就活マナー。面接突破のカギはこれ!!

「内定を取れる人」と「取れない人」ってなにが違うの?

「~が好き」、「~が得意」という志望動機を書くと『内定』が遠のく

アドバイザーがお伝えする「ココリク(cocoriku)」の使い方

ココリクとは? ココリクって無料なの??

今すぐ会員登録・ログインをしてアドバイザーに相談する

ƒRƒRƒŠƒNiCocorikuj